男ふたご TとY(H14.12月26日生まれ)の母です。ふたごは中学生になりました! 私はスーパーのレジ打ち。まだまだ育児と育自の日々です・・・。


by yuutai-say

カテゴリ:うちのふたごの妊娠・出産記( 4 )

うまれてすぐ 子供達は、保育器に入れられ NICUに移された。
私は 開腹部の縫合の後、3階の個室へ移され、そこでやっと家族に会うとことができました。その頃には後腹?後陣痛っていうんでしょうか?子宮がぎゅ~っと収縮するための痛みで ほとんど話もできない私の顔を 旦那や舅・姑は心配そうにのぞきこんで いろいろ聞いていたような気がします。しばらくして、旦那が新生児科(NICU)の医師から話があると言われ呼ばれていきました。
舅・姑もついて行っていたのですが 「お父さんだけお入り下さい」と言われて 父親の自覚がまだ全くない旦那は「父さん 入って って」と旦那の父(舅)に言ったとか・・・(^^;
医師の話では、生まれた時の体重は、 第一子853g 34.0cm、第二子1291g 37.0cm。ステロイド剤のおかげか、小さいけど第一子の方は、自分で呼吸できている、まだ十分ではないので保育器内で酸素調節をしているということだ。第二子は、人工呼吸器で呼吸を助けている。それから 2人とも心室中隔欠損症(心臓の壁に穴があいているという病気)だという。体の成長と共に80~90%は自然にふさがるだろう ということだった。
旦那は、その時は 自分の中でまだよく理解できずにいたからか、私に心配させないようにか あまり 詳しいことは 教えてくれなかった。   

小さな体で一生懸命がんばっている 子供達を見て、私も子供達のためにと 3~4時間ごとに搾乳して NICUに届けてもらっていた。初めは うまく自分で搾乳できなくて1時間くらいかかっていて、看護士さんに「あんまり時間かけすぎると疲れてしまって逆に母乳がでなくなっちゃうよ?!」と言われたこともあった。少しでも楽に搾乳できるようにと 看護士さんが電動の搾乳機をすすめてくれ とりあえず病院のものを借りて 使ってみることにした。次の日 家でも続けて使えるようにと市販のコンパクトな搾乳機を買ってくれたので それを使って毎日搾乳した。

d0000459_0294729.jpg手術から1週間後、私だけ退院になった。私の実家には、母がいなかったので 里帰りせず、そのまま 同居している家でしばらく 姑に食事の世話等をしてもらった。
退院後 しばらくは、寝て ごはん食べて 搾乳して の繰り返しの日々だった。産後は、テレビや本を見ると視力が下がる と旦那に禁止されていたので 退屈だった。退屈で、子供達のことばかり考えていた。
写真は 生まれてすぐの頃の (たぶん)Tの手↑と足↓d0000459_16222692.jpg 











3月15日にやっと子供達は退院して家に帰ってくることができた。 
その時の体重は、  T 2355g、  Y 2485gだった。

子供達が帰ってきて しばらくは、ほんとに寝る間もないほど忙しかった。私は、初めて 目の下にクマをつくった。(-_-;) 昼間は姑が、家に はりつけ状態で子供達の世話を手伝ってくれた。子供達が入院中に搾乳して 冷凍しておいたものを 温めて哺乳瓶で飲ましてもらったり、オムツ替えや寝かしつけなど 本当に助かった。夜は2階で寝かすことにしたのだが、旦那が夜中 一緒に起きて世話を手伝ってくれたのは、最初の何日かで、あとは 泣き声にも慣れてしまったのか イビキをかいて寝ていた。(-_-)zzz  (゜o゜)// 

保育士をしていた と言うと「じゃあ慣れたもんでしょう?」と思われがちだが、ただ 他の人より 子供に接することが多かった というだけだと思う。子供達の世話をしながら [育児は、保育とは全く違うものだ]と 実感した。

d0000459_2195840.jpgd0000459_11273951.jpg
左←は生後3ヶ月半くらい 右→は生後半年頃       下↓は1歳頃
d0000459_21172730.jpg

[PR]
by yuutai-say | 2005-06-25 00:09 | うちのふたごの妊娠・出産記
H14、12月24日(妊娠8ヶ月 29週2日)
入院してから5日目だったと思います。医師の検診(エコー検査)で、「これは もう出してやったほうがいいかもしれんなぁ・・(-_-;)」と言われました。小さいほうの子があまり成長してないようなのです。新生児医療もしっかりしている この病院なら、このままお腹の中に置いておくよりも出してやって、NICUで様子をみたほうがいいだろう という考えだったようです。でも私は「え?!まだ8ヶ月なのに?!」「そんなにヤバいの?」って感じでパニック状態(+_+)
3階の病室から 4階の陣痛室や分娩室のある所に移動になり、24時間点滴&モニター(お腹の張りと赤ちゃんの心拍や胎動を調べる装置)監視の状態に。モニターの結果が直接 医師達の控え室で見れるようになっていたようです。そして急な手術に備えての検査も行われ、リンデロンというステロイド剤を注射された。この時点ではまだ赤ちゃんの内臓器官などが十分発達していないかもしれない、ステロイド剤は赤ちゃんの肺の成熟促進のため ということでした。そして「赤ちゃんの心音が落ちたり、胎動がないと感じればすぐに知らせてください」 と言われた。
「ご主人に今の状況を説明しておきたい」と言われたので、旦那に仕事をいつもより早めに切り上げて 来てもらい、話を聞いた後、急な手術になった場合のためにと、同意書にもサインしたそうです。


H14、12月26日(妊娠8ヶ月 29週4日)
この日は、点滴の管を替えるので その時にシャワーをしてもいいよと言われました!
近くまで車椅子で移動し、シャワー室へ。服を脱いでシャワーしようと思ったけど、なかなかお湯がでない~!(貧乏性なばっかりに 前もってシャワーをだしておくってことをしなかった)後から考えると この時、お腹を冷やしてしまったのがよくなかったのかもしれない。この後、「なんだか 動きがないような気がする」と看護士さんに言うと医師がきて、診察等の後「やっぱり出しましょう」「手術しましょう」・・・「は・・い。(*_*;」
そのあと 急に周りがバタバタし始めて、手術の準備が進められ 私は麻酔科の医師の説明を聞いたり 悌毛後、手術用の服に着替えたり・・・。そんな中で急に心細くなり、恐くなってきた私に看護士さんが声をかけてくれました。「大丈夫?Kさん(私)何も口に出さないから・・」・・この優しい言葉に張りつめていたいたものが切れたのか、思わず涙がポロポロ・・・。(>_<)
そして 手術に・・・

まだ 家族は到着していなかった。高速で1時間ちょっとかかる距離で しかも夕方5時すぎだったから、道も混んでいたのだろう。手術室(分娩室?)に入って、脊椎麻酔の説明をうけ、腰のところに注射。消毒の為 腰のところを触られる度にビクッと動いててしまう。「動いたらダメよ!」と言われても反射的に動いてしまう。どうにか1回で注射でき、段々 下半身の感覚がなくなっていく。麻酔科の医師に「触っている感覚はあるから、触っているのを痛いと錯覚しないようにね」と言われた言葉を思い出し、一生懸命 頭の中で「触ってるだけ 痛くない、痛くない」って自己暗示にかけていた。確かに お腹のあたりの皮(?)をグイグイ引っ張られているような感覚はあった。
そして午後5時35分、第一子誕生。生まれたての仔猫のような声だが確かに泣いていた!小さいと言われていた第一子の泣き声を聞いて少しだけ安心した。看護士さんが赤ちゃんの顔を一瞬だけ見せてくれた。続いて5時36分に第二子誕生。この子も同じように か細い声でちゃんと泣いていた!

[PR]
by yuutai-say | 2005-06-24 20:41 | うちのふたごの妊娠・出産記
12月に入り、予定日が3月初めだったので そろそろ出産時の入院準備をはじめないといけないなぁ・・と思いつつ、でも 管理入院は年が明けてからぐらいだろうと のんきに構えていました。

H14、12月11日(妊娠7ヶ月 27週3日)
検診で、医師に「おなかの中で 2人の体重に差がでてきてますねぇ」と言われた。推定体重は 右ちゃん1178g、左ちゃん850gということだ。・・・かといって「こんなことに気をつけなさい」とか「できるだけ安静に」なんて指導はなかったので、特別 意識せず 普段通りに家事をしたり、階段の昇り降りもして 過ごしていた。ただ「1週間後にまた診せてください」と言われていた。

d0000459_16362960.jpg妊娠8ヶ月に入った日に「このお腹 どこまで大きくなるんだろう」と 写真を撮ってもらった。→    次は9ヶ月に入る時にまた撮ってもらおう と思いながら。(だが 妊娠9ヶ月のお腹の写真は撮ることはできなかった・・)




H14、12月19日(妊娠8ヶ月 28週4日)
前の日ぐらいから、足の付け根あたりが痛くなって、階段の昇り降りがつらくなってきた。検診後、「2人の体重差が開いてきている。」と言われた。右ちゃん1280g、左ちゃん900g。お腹の張りも相変わらずで、この時は 一日5回までなら薬を飲んでもいいと言われていたものの、お腹は張ったり 緩んだりだった。2人の体重差が開きすぎると、小さい方の子が 危ないとかで、お腹の張りもあるし早産の危険もある と できるだけ早く 専門の病院へ行くようにすすめられ 紹介状を書いてくれると言う。

H14、12月20日
次の日、旦那に休みを取ってもらい 義母も付き添ってくれて、朝いちでS病院で紹介状をもらってから 高速で1時間ほどの病院(周産期センター)へ。大きな病院ほど待ち時間がかかるもので、紹介状を持っていたにも関わらず 診察室に呼ばれたのは、お昼近く。検査やなんかの合間に病院内の軽食店で昼食を取り、検査や診察の結果 そのまま入院ということに・・!足の付け根あたりが痛い と言うと看護士さんが車椅子で病棟まで連れて行ってくれた。病室に入ってすぐ点滴につながれた。張り止めの薬を24時間 入れることになった。病室のすぐ前のトイレと病室内 以外は動かないようにと言われ、食事も下げに来てくれるという。1日1回モニターをつけて お腹の張りと赤ちゃんの心拍などを見るということでした。(段々 回数が増えていくことになりました)
S病院で「一応 入院準備をして行ったほうがいい」と言われていたので、2~3日分の入院用品は持っていました。(まさか そのまま出産ということになるとは思っていなかったので、出産準備品は全く用意していませんでした)

[PR]
by yuutai-say | 2005-06-22 13:00 | うちのふたごの妊娠・出産記
H14,7月9日(妊娠2ヶ月 5週2日) 
個人産院で旦那と共に妊娠を確認!6月に新婚旅行でハワイに行った時にできた子だ!いつもは、正確にくる月経が遅れていたので、妊娠検査薬の結果で確信はしていた。うれしさと、仕事(臨時保育士)をいつまで 続けるか など これから忙しくなるぞと期待や不安が入り混じり、なんだか フワフワして 地に足が着いてないようだった。

H14,8月8日 (妊娠3ヶ月 9週4日)
エコーで双子だということがわかった。超音波写真ではしっかり2人ならんでいた。私の親戚にも 旦那の親戚にも双子なんて聞いたことがなかったので、かなり驚いた。双子だとわかって、「小児科のある総合病院のほうが安心だから」とS病院への紹介状を渡され、転院をすすめられた。産院を出てすぐに、旦那の携帯に電話を入れた。普段は用事があってもメールで済ますのだが、直接 伝えたかった。旦那もめずらしく電話がかかってきたと びっくりしたようだが、双子だと聞いて 喜ぶよりもかなり戸惑っているようだった。双子ってことは 一度に2倍 お金がかかるわけで、そういったことで一気に頭の中がいっぱいになってしまったようだ。旦那の会社の同僚達には、「双子?!マジで?それは(旦那の種が)そーとー濃いかったんじゃわ~」って言われたらしい ^^;(オイオイッ!)

H14,8月14日(妊娠3ヶ月 10週3日)
紹介状を持って、S病院へ。担当の医師は 寡黙な感じで、以前の産院の医師がニコニコ優しそうな感じだったので ちょっとギャップが激しかった。黙々と診察し 必要なことしかしゃべらないって感じ。診察後、助産婦さんに検診予定や指導 出産予定日や母子手帳のもらい方などを教えてもらいました。
その後 その足で市役所に行き、母子手帳を2冊もらいました。買ってきた母子手帳ケースには2冊は入らず、もうひとまわり大きいケースに返品交換してもらいました^_^;

H14、8月28日(妊娠4ヶ月 12週3日)
検診。順調に大きくなっているようです・・
つわりは、軽い方だったのかな?朝は あまり食べれなかったけど、仕事中は気が紛れるのかお昼の給食は わりとよく食べることができた。旦那は、よくドラマとかで「ウッ~」ってやってるシーンをあまり信用していなかったらしく、私が 朝 お弁当を作りながら 「ウェ~」ってやってたのを目の当たりにして、かなりビビっていたようだ。空腹時に気分悪くなるので、普段より間食を増やし、なるべく ちょこちょこ食べるようにしていた。 


H14、10月
この頃、まだ双子の性別がはっきりしていなかったのですが ある日夢を見ました。ドラマなどでよくある 産後すぐに母親が横になったベットに看護婦さんがキレイになった赤ちゃんを連れてきてくれて 母親の横に寝かせてくれる・・って感じのシーンでした。私の両脇に寝かされた赤ちゃんは、男の子って感じの勇ましい顔立ちだったような気がします。子供達からのメッセージだったのか、予知夢だったのかよくわかりませんが、この夢を見た後は「絶対 男の子だ」っていう確信がありました。

H14、10月9日(妊娠5ヶ月 18週3日)
自分では、初めての妊娠ということもあって 自覚がなかったのだが、お腹がはっているようなので、張り止めの薬を処方される。そして その後少しずつ薬の回数を増やされていく。「やっぱり どうしても双子は張りやすいからねぇ」と説明を受けていたので、「そうか。でも別にたいしたことじゃぁないんよね?」ぐらいに軽く考えていた。周りに双子がいなかったことで双子妊娠の危険性をあまり理解していなかった。あとから、出産した病院でもらった冊子『いいお産をするために』の中の「流産、早産を防ぐために」というページには「階段の頻繁な昇り降りは避けましょう」とある が 私は旦那の実家で同居していて、その時は 2階の2部屋と1階の台所を主に使っていたので 必然的に毎日 階段を昇り降りしていた。
 
H14、10月末で仕事を辞める。(正規保育士ではないので、産休や育休はありませんでした)

H14、11月22・23日(妊娠7ヶ月 24週5・6日)
無謀にも? 旦那の車で1泊2日の旅行に出かける。旦那が 家にこもりがちな私を気遣って(?)言い出したことだった。あとで考えると、張り止めの薬を飲みながらなのに けっこう 無理をしていたのかもしれない・・・。(-_-;)

[PR]
by yuutai-say | 2005-06-22 12:46 | うちのふたごの妊娠・出産記