男ふたご TとY(H14.12月26日生まれ)の母です。ふたごは中学生になりました! 私はスーパーのレジ打ち。まだまだ育児と育自の日々です・・・。


by yuutai-say

うちの双子がうまれるまで。①

H14,7月9日(妊娠2ヶ月 5週2日) 
個人産院で旦那と共に妊娠を確認!6月に新婚旅行でハワイに行った時にできた子だ!いつもは、正確にくる月経が遅れていたので、妊娠検査薬の結果で確信はしていた。うれしさと、仕事(臨時保育士)をいつまで 続けるか など これから忙しくなるぞと期待や不安が入り混じり、なんだか フワフワして 地に足が着いてないようだった。

H14,8月8日 (妊娠3ヶ月 9週4日)
エコーで双子だということがわかった。超音波写真ではしっかり2人ならんでいた。私の親戚にも 旦那の親戚にも双子なんて聞いたことがなかったので、かなり驚いた。双子だとわかって、「小児科のある総合病院のほうが安心だから」とS病院への紹介状を渡され、転院をすすめられた。産院を出てすぐに、旦那の携帯に電話を入れた。普段は用事があってもメールで済ますのだが、直接 伝えたかった。旦那もめずらしく電話がかかってきたと びっくりしたようだが、双子だと聞いて 喜ぶよりもかなり戸惑っているようだった。双子ってことは 一度に2倍 お金がかかるわけで、そういったことで一気に頭の中がいっぱいになってしまったようだ。旦那の会社の同僚達には、「双子?!マジで?それは(旦那の種が)そーとー濃いかったんじゃわ~」って言われたらしい ^^;(オイオイッ!)

H14,8月14日(妊娠3ヶ月 10週3日)
紹介状を持って、S病院へ。担当の医師は 寡黙な感じで、以前の産院の医師がニコニコ優しそうな感じだったので ちょっとギャップが激しかった。黙々と診察し 必要なことしかしゃべらないって感じ。診察後、助産婦さんに検診予定や指導 出産予定日や母子手帳のもらい方などを教えてもらいました。
その後 その足で市役所に行き、母子手帳を2冊もらいました。買ってきた母子手帳ケースには2冊は入らず、もうひとまわり大きいケースに返品交換してもらいました^_^;

H14、8月28日(妊娠4ヶ月 12週3日)
検診。順調に大きくなっているようです・・
つわりは、軽い方だったのかな?朝は あまり食べれなかったけど、仕事中は気が紛れるのかお昼の給食は わりとよく食べることができた。旦那は、よくドラマとかで「ウッ~」ってやってるシーンをあまり信用していなかったらしく、私が 朝 お弁当を作りながら 「ウェ~」ってやってたのを目の当たりにして、かなりビビっていたようだ。空腹時に気分悪くなるので、普段より間食を増やし、なるべく ちょこちょこ食べるようにしていた。 


H14、10月
この頃、まだ双子の性別がはっきりしていなかったのですが ある日夢を見ました。ドラマなどでよくある 産後すぐに母親が横になったベットに看護婦さんがキレイになった赤ちゃんを連れてきてくれて 母親の横に寝かせてくれる・・って感じのシーンでした。私の両脇に寝かされた赤ちゃんは、男の子って感じの勇ましい顔立ちだったような気がします。子供達からのメッセージだったのか、予知夢だったのかよくわかりませんが、この夢を見た後は「絶対 男の子だ」っていう確信がありました。

H14、10月9日(妊娠5ヶ月 18週3日)
自分では、初めての妊娠ということもあって 自覚がなかったのだが、お腹がはっているようなので、張り止めの薬を処方される。そして その後少しずつ薬の回数を増やされていく。「やっぱり どうしても双子は張りやすいからねぇ」と説明を受けていたので、「そうか。でも別にたいしたことじゃぁないんよね?」ぐらいに軽く考えていた。周りに双子がいなかったことで双子妊娠の危険性をあまり理解していなかった。あとから、出産した病院でもらった冊子『いいお産をするために』の中の「流産、早産を防ぐために」というページには「階段の頻繁な昇り降りは避けましょう」とある が 私は旦那の実家で同居していて、その時は 2階の2部屋と1階の台所を主に使っていたので 必然的に毎日 階段を昇り降りしていた。
 
H14、10月末で仕事を辞める。(正規保育士ではないので、産休や育休はありませんでした)

H14、11月22・23日(妊娠7ヶ月 24週5・6日)
無謀にも? 旦那の車で1泊2日の旅行に出かける。旦那が 家にこもりがちな私を気遣って(?)言い出したことだった。あとで考えると、張り止めの薬を飲みながらなのに けっこう 無理をしていたのかもしれない・・・。(-_-;)

[PR]
by yuutai-say | 2005-06-22 12:46 | うちのふたごの妊娠・出産記